【宇宙】銀河の「壁」発見!? 地球からわずか5億光年先に

河の「壁」が発見されたという報告が、ネット上で注目を集めています。
MITテクノロジーレビューの記事によれば、発見された壁は「The South Pole Wall(サウス・ポール・ウォール)」と命名され、
地球から5億光年のところに、長さ140万光年にわたって広がっているとされます。
1: ごまカンパチ ★ 2020/07/18(土) 16:26:19.37 ID:uHDwlvso9

https://news.yahoo.co.jp/articles/7294541968a46e4846f3d57802334a5ac5bd9161
7月10日、学術誌『The Astrophysical Journal』に寄せられた、銀河の「壁」が発見されたという報告が、ネット上で注目を集めています。
MITテクノロジーレビューの記事によれば、発見された壁は「The South Pole Wall(サウス・ポール・ウォール)」と命名され、
地球から5億光年のところに、長さ140万光年15億光年にわたって広がっているとされます。
地球からかなり近い位置にありながら、これまで発見されなかったのは、天の川銀河の明るさに隠れてしまっていたためだそうです。

サウス・ポール・ウォールは、地球から見て南の宇宙に広がる、何千もの銀河と大量のガスや塵で形成されるカーテンのような構造物です。

● 「銀河 壁」の盛り上がりは?
7月15日の0時から17時までのトレンドです。
10時ごろからSNS上でニュースがシェアされ始めて注目を集め、15時ごろに最も盛り上がりました。

●「行きたい!」「こういうの理科で教えて欲しい」など、SNSが盛り上がる
宇宙空間には、多くの銀河が集まって分布している箇所があり、その様子が壁のように見えることから「グレートウォール」、
あるいは糸が絡まり合ったように見えるため「銀河フィラメント」などと呼ばれます。

宇宙は、こうした構造物が幾重にも連なって形成されています。
そのため、今回の壁は宇宙の果てではありません。
ちなみに、壁で覆われた内側には何も無い空洞(ボイド)も存在します。
こうした宇宙の構造は、石けんを泡立てた様子に似ていることから「宇宙の泡構造」とも呼ばれます(泡の膜が銀河の壁、内側の何もない部分がボイドに相当します)。

今回の新発見を受けて、SNSでは
「めちゃめちゃ気になる!」
「可視化できたら、めちゃくちゃデカそう」
「なにそれ! 宇宙、行きたい!」
「こういうの理科で教えて欲しい」
など、興奮する人が相次いでいます。

ちなみに、こうした壁の発見は初めてではなく、これまでにも1989年に見つかった、万里の長城を思わせる長大な銀河の壁「グレートウォール」や、
その長さが40億光年にも及ぶ「スローン・グレートウォール」など、同様の構造物が複数発見されています。

●「イゼルローン回廊!」 銀英伝ファンの興奮が止まらない
また
「イゼルローン回廊発見」
「壁があるならイゼルローン回廊も存在するのでは?」
「イゼルローン回廊とかフェザーン回廊を想起した人は素直に手を挙げよう」
など、人気SF小説『銀河英雄伝説』の舞台に重ね合わせる人も多く見られました。

他にも
「第4の壁を破ってしまうのかな、とか想像してしまう」
「スパロボのストーリーに絡めそうなネタですな!」
「創作意欲が刺激されそうな案件」
など、想像力をかき立てられている人が大勢いるようです。

7月8日には、理化学研究所が「蒸発するブラックホールの内部を理論的に記述 ブラックホールは未来の大容量情報ストレージ?」というプレスリリースを発表するなど、
謎の多い宇宙の解明が少しずつ進んでいます。次はどんな新発見が報告されるのか、楽しみですね。

no title

★1:2020/07/16(木) 20:12:57.82
前スレ
【宇宙】銀河の「壁」発見 地球からわずか5億光年先 「宇宙行きたい!」「イゼルローン回廊!」などSNSで注目集める [ごまカンパチ★]https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594897977/

42: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 17:20:10.02 ID:uAa25nTY0
>>1
>地球から5億光年のところに、長さ140万光年にわたって広がっているとされます。
光速でも数億光年かかるし恒星の大きさなどわかるはずないのにどうやってその距離を割り出すんだ?
>サウス・ポール・ウォールは、地球から見て南の宇宙に広がる、何千もの銀河と大量のガスや塵で形成されるカーテンのような構造物です。
光速の宇宙船でなくとも突然の気体の壁にぶつかって一瞬で燃え尽きだな

 

97: 不要不急の名無しさん 2020/07/19(日) 01:13:26.98 ID:wjFLHc9y0

>>1の「地球から5億光年のところに、長さ140万光年にわたって広がっているとされます。」
というのは誤訳で実際には「地球から5億光年のところに、長さ15億光年にわたって広がっているとされます。」で大きさを3桁も間違えてる

これの距離や大きさをどうやって測定したかと言うと
1)ビッグバン以降宇宙は膨張し続けており、それは地球から他の銀河系を観測した時ドップラー効果によってその銀河から発する光の波長が長くなる赤方偏移という現象でわかる
2)地球から遠い銀河系ほど遠ざかる速度は速くなり、ハッブルの法則という式から赤方偏移の程度を知ることで距離を算出できる
3)そうやって空のある方向の銀河系の赤方偏移を計測してみたところ、同じような数値を示す銀河系がたくさんあり、距離とその広がりを計算してみたら壁のような薄い構造に広がった銀河系の群れがあることがわかった

この新しい壁は地球からみて天の川の後方にあるためにこれまで見つかっていなかった
宇宙は均一ではなく壁のように銀河系が集まっている領域とそうではない空虚な領域(ボイド)が連なっている泡のような構造になっていることは前からわかっていたが、今回見つかったのはその中でも地球(を含む天の川銀河系)に非常に近いものである

 

149: 不要不急の名無しさん 2020/07/19(日) 09:54:02.47 ID:4UaCZy4H0

それと

>>1
> その長さが40億光年にも及ぶ「スローン・グレートウォール」

スローン・グレートウォールの長さは、約13億光年
だからこのサウス・ポール・ウォール(7億~14億光年)の大きさが”匹敵するかも”、と言われてたりする
これだけいろいろ間違えてると、そういう肝心なことが伝わらないね
(40億光年って、大クエーサー群U1.27 のことじゃないかな?)

>>121
どうでもいいどころか、イーガンの塵理論の大前提はマルチバース
だから宇宙論がなければ、仮想世界の永遠の命もない

 

203: 不要不急の名無しさん 2020/07/20(月) 02:17:18.23 ID:zjVBLTj+0

>>1
>地球から5億光年のところに、
>長さ140万光年にわたって

5億光年と比べたら
壁が短くね?

 

225: 不要不急の名無しさん 2020/07/20(月) 14:26:00.91 ID:4YYMPp4D0
>>203
>>1のソースが今だに修正されてないけど140万光年じゃなくて14億光年

 

6: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:27:57.47 ID:72YDCe000
約9兆5000億km (光が1年間に進む距離)× 50億=

 

9: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:28:08.55 ID:TP6y25IL0
レオパレスの壁ならもっと近い

 

12: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:29:58.56 ID:kZ5qttmO0
>>9
1cmあるかどうか…

 

76: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 19:47:57.17 ID:psYY4+Jz0
>>9
ワロタ

 

10: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:28:35.57 ID:QZLNNqDK0
5億光年って、何キロメートル?
地球何周分くらい?

 

29: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:44:19.62 ID:RRxShPG80
>>10
1光年が9兆キロメートルなので、その5億倍

 

49: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 17:53:47.06 ID:KzfqFZy70
>>29
9460730472580.8km
単位が兆で5億年なんだから1ずれるだけで相当な距離

 

13: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:30:09.23 ID:6pepwbDc0
絶対に辿り着けない5億光年という超遠距離をわずかと言ってしまう人間の傲慢よ!
宇宙の大きさから見たらわずかでも、人類から見たら無限に等しい。

 

139: 不要不急の名無しさん 2020/07/19(日) 08:21:29.87 ID:mopFClzR0
>>13
お前は「無限」を甘く見すぎだな

 

15: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:31:44.20 ID:amNr8gKv0
たった一光年の距離でも人類には絶望的に遠いww

 

132: 不要不急の名無しさん 2020/07/19(日) 07:58:43.64 ID:xNv288DH0
>>15
そもそも5億年分の燃料や食料を積めない無理ゲー

 

25: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 16:42:57.65 ID:Y2w4FAIx0
光でも5億年かかる距離ってどんだけ遠くやねん

 

40: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 17:09:44.99 ID:I4yv4xda0
なにでできてるん?

 

131: 不要不急の名無しさん 2020/07/19(日) 07:57:03.20 ID:+D8EbrbJ0
>>40
こういうアホなレスを見て日本語の弱点を感じるわ
英語だとWall of galaxiesで、銀河がたくさんあって壁の様であることが素人でもうかがい知れるのに

 

52: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 18:10:12.68 ID:0fUsDpII0
結局宇宙の果てはどうなってんだよ?
壁があるの?
壁なら穴あければ向こうがあるわけだからまだ先があるってことだお?
つうか、空間がないってどうゆうことだよ?真空とはまた違うよね
今日も眠れない
57: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 18:28:26.50 ID:uG/txvMq0
>>52
最近は高次元宇宙論が出てきてるし、宇宙膨張説やビッグバンすら否定され始めたり、コロコロと主流が変わってる印象

 

113: 不要不急の名無しさん 2020/07/19(日) 05:39:05.38 ID:4UaCZy4H0

>>52
> 結局宇宙の果てはどうなってんだよ?

果てはない、かな……

この宇宙が、量子ゆらぎから最初に生まれたインフレーション宇宙とするなら、”限りはあるが果てはない”って考えるのが自然だろうし
膨張してるなら無限ってのは考えづらく、有限なら閉じてるとする方が面倒がないしね(そのいちばん単純なかたちは、4次元の球(超球)になる)

ただこの超球は、アインシュタインの静止宇宙モデルとは別モノだよ

現在の観測可能な宇宙は、地球を中心とした直径930億光年の球だけど、”ほぼ平坦”ってことは分かってる
それをふくむ超球なんて途方もない大きさで、しかも加速度膨張し続けるわけだから(その全体のサイズは、だれにも分からない)

 

157: 不要不急の名無しさん 2020/07/19(日) 10:48:06.77 ID:2yPu579P0

>>113 われわれの観測限界世界が、その超球のどこらに位置するかも、全くわからないわけか
超球の中心には、銀河の中心みたいに重力が集中して平坦ではなくなっており
超球そのものが、大回転してるなんて可能性はあるのかな?

その観測限界の地平面の先を超えて、その外を観測するには
光速を超える存在を発見するしかく、まず不可能

この宇宙は征服できないような、難儀な設定になっているね

 

75: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 19:44:25.40 ID:v6iQcmQY0
スケールが違いすぎて目眩がする
超銀河団の壁からしたら
その構成要素の銀河の中の恒星の中の惑星の中の
わずかな陸地に薄っすら映えるカビの中に住んでる人間とかいう
観察者なんてwwwwwwwwww泣ける

 

78: 不要不急の名無しさん 2020/07/18(土) 20:09:18.67 ID:M3nhBsn+0

>>75
https://www.youtube.com/watch?v=lcC6NicN53A

是非宇宙の大きさを感じてください

 





NO IMAGE